アイフルでお金を借りています。支払いを毎月行いたいのですが、アイフルではどうやって支払いを行っていけばいいのでしょうか?いくつか方法があるなら教えてください。

アイフルの返済方法は4つ!

アイフルの返済は主に4つ方法があります。簡単に説明するので、自分に合った返済方法を選んでくださいね。

1.振り込み
アイフルの指定口座への振り込みでの返済です。全国の銀行窓口・ATMから返済ができるので自分が利用している銀行で返済ができます。毎月一回必ず銀行に行かれる方にぴったり。ただし、振込手数料は負担することになるので注意が必要です。

2.口座振替
ご質問者様が指定した金融機関から毎月自動的に引落ししてもらう返済方法です。これなら毎月返済を忘れる心配がありません。ただし、口座に残高がないといつのまにか延滞なんてことになる可能性も。返済日を給料日後に指定しておけば安心ですね。

3.アイフル店舗・アイフルATM
近くにアイフルがあるなら、時間の空いたときにちょっと行って返済できます。ただし、営業日・時間を気にしないといけないのが辛いところですね。しかし、手数料無料で返済できるので余計なお金が必要ないのは嬉しいところです。

4.アイフルが提携しているATM・コンビニ
アイフルが提携しているATMやコンビニで返済ができます。これなら場所にこだわることなくいつでも返済ができますね。手数料だけ負担することになりますが、自分の家や勤務先、いつも通る道などライフスタイルに合わせて返済ができます。

アイフルの返済方法は以上の5つです。他にも一括返済ができるのは1.振り込みと3.口座振替であったりと、それぞれの特徴があるので参考にしてください。

返済は一度でも忘れてしまうと癖がついて二度、三度と忘れてしまいます。そうしていくうちに個人信用情報に傷がついていざというときに借入ができなくなってしまったり、利息が膨らんでしまったりしてしまいます。本当は借りる前に返済を方法も含め考えることが大切ですが、すでに借りてしまっているなら今から返済をしっかり考えましょう。給料が出たらすぐに返済に当てると心に決めて、毎月きっちり返済していきましょう。

アイフルの支払いにおける特徴は2つの返済期日

消費者金融の大手業者にアイフルがありますが、1900年代後半までは武富士やアコム、プロミス、三洋信販、レイクと並んで大手6社と呼ばれていました。しかしながら、利息制限法を超える金利を原因とした過払い金返還問題などによって大手消費者金融が消滅したり、都市銀行に吸収されたりしたため、現在では独立してカードローン事業を運営しているのはアイフルだけになっています。

ところで、消費者金融においてはインターネットを利用したカードローンの申し込みが一般的になっていますが、インターネットによる受付を開始したのは、アイフルが最初です。アイフルのカードローンから借り入れる場合は、インターネットや電話による振込キャッシングか、アイフルATM、ローソン・セブンイレブン・EネットなどのコンビニATMなどを利用することになります。なお、大手都市銀行では三菱東京UFJ銀行のATMだけが利用できます。ちなみに、店舗窓口での借入はできません。
 
そして、借入金の支払い方法に関しては、前記ATMからの入金の他、銀行口座からの引き落とし、口座振り込み、店舗窓口への持ち込みになります。なお、支払いにおけるアイフルの特徴と言えるのが、返済期日に「35日サイクル制」と「約定日制」の2つがあり、どちらか都合の良い方を選択することができることです。
  
「約定日制」というのは、利用者が任意の日を返済日に指定し、「35日サイクル制」は当月返済した日の翌日から35日後が次回返済日となるものです。約定日制の場合は、返済日の10日前からその月の返済期間となるのに対し、35日サイクル制では返済日に関わらずいつでも返済できるため、いくらでも繰り上げ返済が可能になります。従って、利息の支払いも少なくなります。
  
なお、最低返済金額は約定日制と35日サイクル制では違っており、例えば、約定日制では、10万円以下・4,000円、20万円以下・8,000円、40万円以下・11,000円となっていますが、サイクル制では、10万円以下・5,000円、20万円以下・9,000円、40万円以下・13,000円となっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【審査に通りやすい銀行系カードローンのウソ】事実は違うのだ All Rights Reserved.